通販好きな男が自分が気に入った商品やサービスをレビューするブログ

レビュメン 〜Reviews Man〜

通販とゲーム好きな男が気に入った商品、情報、サービスなどを語るブログです

アナと雪の女王を見てきました!ネタバレとなぜここまでヒットしたのか?!

読了までの目安時間:約 9分

 

-スポンサードリンク-

アナと雪の女王

アカデミー賞「長編アニメ賞」と「歌曲賞」を受賞した
話題のディズニーアニメ「アナと雪の女王」を見てきました。

ディズニーアニメは好きだけど、正直、3Dアニメは苦手。
(あのなんとも言えない肌の質感が気持ち悪くて・・)
そんな私が嫁に突っつかれて見に行きました。

アカデミー賞をW受賞したとか、洋画として4年ぶりの興行収入が
100億円突破したとか、とにかく話題が尽きない本作。

主題歌の「Let It Go〜ありのままで〜」がCDランキングで
上位を独占しています(英語版・松たか子版、MayJ版)

 

アナと雪の女王は、なぜここまでヒットしたのか?

最近は映画館に映画を見に行く人がかなり減っている状況で
ここまでヒットするとは誰が予想したでしょうか。

ディズニーの長編アニメとしては、ライオンキング(1994年)の
9.8億ドルという記録を20年ぶりに更新しています。

20年ぶりの更新で、その上、収益は10倍!!
この数字だけでもその凄さがわかりますね。

ではなぜ、こんなにヒットしたのでしょう。

 

声優のチョイスが秀逸

ディズニーには「ディズニー・キャラクター・ヴォイス・インターナショナル」という、
各国の吹き替え戦略を担当する専門の部署を持っています。そこでは、世界各国の市場に
合わせて、各キャラクターを演じるのにピッタリなタレントや俳優、声優たちを厳選する
エキスパートが集まっているそうです。

今作のアナと雪の女王は、今までよりもさらに声優のチョイスに力を入れています。
ミュージカル仕立ての今作、歌唱力が高いのはもちろんのこと、主人公のアナ(妹)と
エルサ(姉)は、原語版の声優さんと声の印象がとても似ている人、ということで
チョイスしたそうです。

 

プロモーションの勝利?

今作は、そのプロモーションが素晴らしかったことも要因かと。
映画館で流れる予告ムービーで主題歌の「Let It Go〜ありのままで〜」を
フルで聞かせて、映像も城が出来上がるまでを見せています。

これだけでかなり引き込まれるのは確か。
あの歌の迫力と映像の迫力はやはりすごいですから。
あれを見せられたら本編も見たくなるのが人の性ですね。

また、世界中のアーティストに主題歌を歌わせて話題を提供したり、
英語版、吹き替え版、3D版、さらには観客が一緒に挿入歌を歌える、
日本初の試み「“みんなで歌おう♪”歌詞付き」版が放映することが
マスコミの注目を受けて、話題作りにかなり貢献しました。

 

人が人を呼ぶ!

そしてやっぱり、これが一番じゃないかな。
みんながみているから、さらにヒットする。ってこと。
行列を見たら思わず並んでしまう心理と一緒ですね。

累計動員1030万突破!
興行収入128円突破!
観客動員1000万人突破!

って聞いたら、あまり興味が無かった人も
「見に行ってみようかな・・」と思うのでしょう。
実際、私がそうだったので(笑)

見事なプロモーションと、それがうまく行ってヒット。
それがさらなるヒットにつながる、ということですね。

 

アナと雪の女王のあらすじ(ネタバレあり注意)

それでは本作のあらすじをネタバレありで書いておきます。
内容を知りたくない方はここからは見ないで下さい。

 

アレンデール王国の王女・エルサは雪や氷を作る魔法の力を持って生まれた。
8歳のある夜、妹のアナに起こされ「魔法を見せて!」とせがまれたので
一緒に魔法を使って遊んでいるときに、はしゃぎすぎたアナが高いところから
落ちそうになるのを助けようとし、誤って魔法をアナの頭に当ててしまう。
これでアナは意識不明の状態となってしまう。

王と妃は、目を覚まさないアナを助けるため知り合いのトロールに救いを乞う。
アナはトロールの力で回復したが、トロールの助言により、両親はアナから
魔法に関する部分の記憶を消した(楽しかった思い出だけを残して)

日増しに魔法の力が強くなって制御できなくなっていくエルサ。
魔法の力を世に知られぬよう部屋に閉じこもり、誰とも会えない生活を送る。

いっぽうアナは、仲が良かった大好きな姉が突然自分を避けるようになったのか
理由もわからないまま閉ざされた城の中で寂しく成長する。ドア越しに姉に会いたいと
告げる日々、しかしエルサは妹を傷つけるのが怖くて、かたくなに拒むのであった。

 

10年後、両親が海難事故で亡くなり、姉妹だけが唯一の肉親となってしまう。
それから数年後、20歳になったエルサは女王として即位することになる。

13年間閉ざし続けた城の門を、特別に1日だけ開いて戴冠式が行われる。
エルサの魔法は自分の意思で抑えることが出来ないほど強大なものになっており
手袋をすることでなんとか数秒間は力を抑えていた。

感情を抑えてなんとか1日を乗り切る覚悟をするエルサ。
そんなエルサに対してアナは、異国の王子であるハンスに恋をしてしまい
出会ったその日のうちに結婚の約束までしてしまう。

アナから婚約を告げられたエルサは、早すぎる展開に二人の結婚に反対。
だが譲らないアナと口論になり、思わず人々の前で魔法を暴発させてしまう。

魔法に怯える国民たち。怪物呼ばわりされたエルサは王国から逃げだした。
魔法の力が抑えられず、夏だった王国は大雪が降り永遠の冬になってしまう。

 

北の山に逃げていったエルサ。だが、ずっと部屋に閉じこもっていたせいか
久しぶりの自由に胸はときめき、魔法で氷の城を建て、独りで生きていく決意をする。

アナはハンスに国を任せ、エルサを連れ戻すため一人で旅に出る。
道中で出会った山男のクリストフ、彼の相棒でトナカイのスヴェンと出会い
一緒にエルサのもとに向かう。

途中、子供の頃にエルサが作ってくれた魔法の雪だるまオラフと再会。
共にエルサを探して北の山へ向かう。

氷の城にたどり着いたアナは、エルサに説得を試みるが
エルサは自分の魔力がアナを傷つけることを恐れ、さらに自分の魔法が
国中を凍らせたことを知って自分を責め、魔法を暴走させてしまい
その魔法がアナの胸に魔法が当たってしまう。

 

エルサが生み出した怪物マシュマロウに城から追い払われる一行。
クリストフはアナの具合が悪くなっていく為、トロールたちのもとへ向かう。
魔法で心を凍らせられたアナ。命が危ないことがわかるが、
トロールの力ではどうにもならず、回復には真実の愛の力が必要だと告げられる。

クリストフはアナを救うためには婚約者ハンスからのキスが必要だと判断し、
衰弱してゆくアナを抱えてスヴェンを走らせ、城へと急ぐ。

一方ハンスは、アナを乗せて旅立ったはずの馬だけが王国に戻ったことで
異変を感じ、兵士たちを連れて捜索に出かける。

氷の城にたどり着く兵士たち。ウェーゼルトン公爵からひそかに暗殺を
命じられた一部の兵士たちがエルサに容赦なく攻撃を仕掛け、
ついには王国の牢屋に閉じ込める。

ハンスは冬を止めるようエルサを説得するが、彼女自身にもその方法はわからない。
やがてエルサは王国を魔法の危険に晒すことを恐れて牢から逃げ出す。

城に着いた瀕死のアナは、ハンスに事情を話すのだが・・・

ここから先はさすがにキモの部分なので止めておきます。
ぜひ劇場、またはレンタルDVDでもいいので見てみて下さい。

 

感想

ストーリーはもちろんですが、とにかく私が感動したのは
アナ役の神田沙也加の歌声の美しさでした。

エルサ役の松たか子のほうが(主題歌を歌っているせいか)
話題になっていますが、神田沙也加の歌唱力にはビビリました。

あと、遺伝子の凄さも(笑)
歌声がたまに、松田聖子に聞こえるんだもの。
さすがは親子です。

映像も、ストーリーも、歌も、すべて一級品の映画でした。
3Dアニメが嫌いだった私も、これで克服かな(^^)

-スポンサードリンク-

 

タグ : 

映像・音楽   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント